さわらび福祉会やまなかの発信する地域情報


by sawarabiy

社内研修1 救命講習会 

加賀市消防本部・山中分署の職員による一次救命処置の講習会を開催しました。
心臓や呼吸が止まってしまった人を救うための心肺蘇生法とAED(自動体外式除細動器)の使用手順を学びました。昨年に引き続き、心肺蘇生の手順を人形で体験しました。
d0014310_10582046.jpg

①反応を確認する:周囲の安全確認し近寄り、肩をやさしく叩きながら大声で呼びかける
②反応がなければ大声で叫んで注意を喚起する:「誰か来て下さい!」などと叫ぶ
③119番通報とAEDの依頼をする
④気道を確保する
d0014310_10585366.jpg

⑤呼吸を確認する
⑥人工呼吸を2回行う(人工呼吸は省略可能)
⑦胸部圧迫を行う:テンポは1分間に100回 
 ⑦:⑥は30:2 人工呼吸省略の場合は連続して行う
⑧救急隊の到着、指示を受ける             
    加賀市消防本部資料参照

AEDの操作は、音声の指示に従い、落ち着いて行うことが大切!
今回の研修により、救急隊の到着するまでの間、何をすべきか!再確認できました。
山中温泉町内では、健民体育館・ゆ~ゆ~館・菊の湯・ゆげ街道(時計の下)の4ヶ所設置されているそうです。救急時には使えるようにと思います。
[PR]
by sawarabiy | 2008-08-26 10:58 | さわらび情報