さわらび福祉会やまなかの発信する地域情報


by sawarabiy

2008年5月さわらびディサービスだより

d0014310_21571527.jpg
 
八十八夜とは寒さとの別れの日 立春から数えて八十八日目にあたる日のことで、今年は5月1日になります。一般に八十八夜の忘れ霜といわれて、この日を境にお茶つみが最盛期に入り、八十八が縁起のよい数であることからも、この日に摘んだお茶は極上で、このお茶を飲むと長生きすると言われています。

【今月の行事】
*山中図書館職員による『お話の会』 5/27(火) 午後2:00~

《今月の重点目標》
 ~近所散策~
 *お天気の良い日は外へでかけましょう
 *園芸で土に親しみましょう
 *ドライブで中津原公園へ行きましょう

お知らせ
☆★5月から入浴サービス始ります。
[PR]
by sawarabiy | 2008-05-03 21:22 | さわらびディサービス